便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOMEヨーグルトヨーグルト

ヨーグルト便秘解消・腸内改善の定番食品

便秘解消や腸内環境改善の効果がある健康食品として広く知られている「ヨーグルト」。 最近では、これまで知られていなかった乳酸菌の発見、商品の開発でさまざまな商品が販売されています。ヨーグルトの広まった経緯や効果について概要をまとめました。

ヨーグルトの広まり

ヨーグルトは、「乳」に「乳酸菌」や「酵母」を加えて発酵させて作る発酵食品です。
1907年、ロシア出身のイリヤ・メチニコフ博士によって提唱された「ヨーグルト不老長寿説」をはじまりとしてヨーグルトが人体にとって良い影響を与える、特に腸の健康維持に有用であることが広く知られるようになりました。

乳酸菌は死んだあとも役に立つ

当初、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌の多くは、胃液などで溶かされ大腸に届く前に死んでしまうため有用な効果はないとされていましたが、死んでしまった乳酸菌やビフィズス菌が腸に移動したあと、もともと腸内にいる善玉菌のエサとなって善玉菌の活動を活発化させ腸内環境改善の手助けをすることがわかりました。

生きたまま腸まで届く乳酸菌の発見

近年では、新しい菌種の発見などにより途中で死なずに生きたまま腸まで届き、善玉菌として働く乳酸菌を含むヨーグルトも販売されるようになってきました。
それら生きた乳酸菌は、乳酸や酢酸を生成し腸を刺激してぜん動運動を促し腸の動きを活発にします。
しかし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、腸内でそのまま定着して増殖することはできません。生きた菌の効果を得るためには、ヨーグルトを定期的に摂取する必要があります。

知られている乳酸菌は、ほんの一部

現在、地球上には何十億種類の乳酸菌が存在し、人が知る乳酸菌はほんの一部だといわれています。今後もさまざまな乳酸菌とその効果が発見され新しいヨーグルトが作られていくでしょう。

ちなみにWHO(世界保健機構)などで作るコーデックス委員会(国際食品規格の策定などを行っている機関)の定義では、以前は、「ラクトバチルス・ブルガリア菌」と「ストレプトコッカス・サーモフィルス菌」を使うことが必須となっていましたが、近年さまざまな菌を使って作られたヨーグルトが広まってきた世界の状況に合わせ「あらゆる乳酸桿菌属と乳酸球菌のサーモフィラス菌により発酵したもの」と定義が変更されました。

ヨーグルトいろいろ

手作りヨーグルト 【フジッコ カスピ海ヨーグルト】

カスピ海ヨーグルトの特徴はとろっとしたねばりのある口当たり。ねばりの要因である「クレモリス菌FC株」は生きて腸まで届き食物繊維と似た働きをするなど腸の中で有用な働きをします。

価格(税抜き)= 926円(定期コース選択時 880円)/ 送料無料

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ