便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOMEヨーグルトヨーグルトは高血圧に効果がある?

ヨーグルトは高血圧に効果がある?

日本において脳卒中は死亡原因第4位(平成26年人口動態統計月報年計)と他の病気と比べても多くの方が脳卒中が原因で亡くなっています。脳卒中の大きな原因のひとつは高血圧です。
高血圧の原因には生活習慣などさまざまありますが、腸内細菌ともかかわりがあることが分かってきました。高血圧と腸内細菌、乳酸菌にどのような効果があるのかについてまとめました。

hightblood01

高血圧が引き起こす病気

血圧とは心臓から血液が送り出された際の血管にかかる圧力のことです。高血圧とはその圧力が高いことを言います。厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、日本人の30~70歳以上のうち男性で約6割、女性で約4割が高血圧だということです。
高血圧になると以下のような病気を引き起こす可能性が高まります。

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 心肥大
  • 腎不全

ほか

厚生労働省 平成22年国民健康・栄養調査結果の概要

高血圧予防には生活習慣が重要

医療が高度化した現在でも高血圧のほぼ9割の原因は明確にはなっていません。理由は、遺伝的な要因や生活習慣などの環境的な要因が関わっているためです。
仮に遺伝的にその可能性が高い人であっても塩分を控えたり、適度な運動をして生活習慣が整っていると高血圧になる可能性はグッと下がります。高血圧となる原因をなるべく解消して生活環境を整えるようにしましょう。

高血圧の原因になると考えられているもの

  • 遺伝
  • 塩分の取りすぎ
  • 肥満
  • ストレス
  • 運動不足
  • カリウムなどのミネラル不足
  • 多量の飲酒
  • 喫煙

ほか

腐敗菌は血圧を上げ、乳酸菌が血圧を下げる

腸内細菌の悪玉菌である腐敗菌は、「チアミン」、「カダベリン」、「プトレシン」という血管を収縮させて血圧の上昇を促す物質を生成します。これらの物質が血圧を上昇させる作用は弱く、影響力は強くありませんが、腸内で腐敗菌の勢力が強く、長期間その状態が続くと血管に良い影響は与えません。

ヨーグルトが高血圧を抑制する?

ヨーグルトなどを食べて乳酸菌などによって腸内環境を改善し、腐敗菌を抑制することはもちろんですが、近年の研究の結果、発酵乳が生成する「ペプチド」が血管を収縮させて高血圧を促す「アンジオテンシン変換酵素」を阻害することが分かってきました
また、乳酸菌の細胞壁を構成する物質もペプチドと同じようにアンジオテンシン変換酵素を阻害し高血圧になるのを防いでくれているのではないかと考えられるようになっています。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ