便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOMEヨーグルトヨーグルトを食べて整腸と同時にカルシウム補給

ヨーグルトを食べて整腸と同時にカルシウム補給

bone01カルシウムの補給というと「小魚」と「牛乳」といったキーワードが出てきますが、ヨーグルトもそれら代表格に負けていません。
カルシウム不足で掛かりやすい病気やよく摂取することで予防できる可能性のある病気、ヨーグルトでカルシウムを摂取する利点などについてまとめました。

カルシウム不足により掛かりやすい病気

カルシウムが不足すると主に以下のような病気になりやすくなってしまいます。よく知られるところでは、骨粗しょう症ですが、他にも血管系の病気などにもかかりやすくなってしまいます。

  • 骨粗しょう症
  • 高血圧
  • 動脈硬化
  • 発育不全
  • 精神的な障害

若いときからのカルシウム補充がその後に影響する

骨粗しょう症は高齢の女性に多い病気ですが、そのためかカルシウム不足を気にしなければならないのは高齢になってからで、若い人には関係ないように思われがちですが、実は若いうちにしっかりとカルシウムを摂取できていたかが重要なポイントになります。

人の骨量は20代でピークを迎え、その後、歳をとるにつれて減少していきます。女性は特に50歳代になるとホルモン分泌の低下などのために骨の形成と吸収のバランスが崩れてしまい、骨量が大幅に減ってしまい、そこから骨粗しょう症へと向かっていってしまいます。
そのため50代で骨量が大幅に減ってしまう前にどれだけ骨量を蓄えておけるかが大変重要になります。若いころからダイエットなどのために骨量が少ないと歳をとってから大変なことになってしまいます。そうならないように若いころからカルシウムをしっかりと摂取して骨量を維持するようにしましょう。

カルシウムをしっかり摂取することで予防できる可能性がある病気

カルシウムをしっかり摂取することで上記の病気以外にも「脳卒中」や「糖尿病」も予防できる、改善できる可能性があるといわれています。

カルシウム摂取によって脳卒中予防の可能性がある

国立がん研究センターが2008年に発表した研究結果によると、岩手県、秋田県、長野県、沖縄県で40~59歳の男女約4万人を対象に行った調査で乳製品からのカルシウムをよく摂取した人はそうではない人よりも脳卒中の発症リスクが3割程度減少したということです。
まだ可能性の段階で今後の調査、研究が必要との事ですが、日本では死因のトップ3に位置する「脳卒中(脳血管疾患)」が予防できる可能性があるということで期待したいところです。

カルシウムとビタミンDを摂取すれば糖尿病を予防できる可能性がある

国立がん研究センターが2009年に発表した研究結果によると、岩手県、秋田県、長野県、沖縄県、茨城県、新潟県、高知県 中央東、長崎県で40~59歳の男女約6万人を対象に行った調査でビタミンDとカルシウムの摂取により、糖尿病の発症のリスクを低減できる可能性があることが判明したとの事です。

ヨーグルトからカルシウムを摂取することの利点

カルシウムを補給する乳製品というと「牛乳」がよくいわれますが、「ヨーグルト」も乳からできている食品なのでカルシウムの含有量は牛乳と変わりありません。

カルシウム含有量
  カルシウム含有量(それぞれ100g中)
牛乳 110mg
ヨーグルト(全脂無糖) 120mg
ヨーグルトドリンク 110mg

カルシウムの含有量では、ヨーグルトは牛乳と同等ということは分かるかと思いますが、カルシウムをヨーグルトで摂取することの利点としては以下があります。

カルシウムの吸収率が高い

カルシウムは酸性の状態のときに吸収されやすくなります。牛乳によるカルシウムの吸収率は他の小魚や野菜類などと比べると高いのですが、ヨーグルトではカルシウムが乳酸と結びつき酸性となるために牛乳よりもさらに吸収率がアップします。

牛乳を飲むとおなかの調子が悪くなる人には最適

牛乳を飲むとおなかが張ったり、下痢になってしまうという方は多いと思いますが、これは、「乳糖不耐症」という体質で日本人のような有色人種、特にアジアには多い体質です。ヨーグルトでは、原因となる乳糖を乳酸菌によって変化させるので、「乳糖不耐症」の人であってもおなかの調子が悪くなるということはありません。
ヨーグルトは、「乳糖不耐症」の方が乳製品でカルシウムを摂取するには最適な食品です。

その他の栄養分も牛乳と同様にある

ヨーグルトと牛乳の栄養価が同じなのはカルシウムだけではありません。他にもタンパク質や必須アミノ酸の量も同じです。さらにヨーグルトでは、乳酸菌によってペプチドやアミノ酸まで分解されているので消化が良くなっています。

整腸作用がある

これは、言わずもがなですが、ヨーグルトでは牛乳と同量のカルシウムや栄養素に加えて整腸作用の効果が期待できます。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ