便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOMEヨーグルト機能性ヨーグルトとは?

機能性ヨーグルトとは?普通のヨーグルトとどこが違う?

「機能性ヨーグルト」についてネット上で少し調べてみると、“機能性ヨーグルト”に定義はなく各メーカーが独自開発した乳酸菌などを取り入れたヨーグルトと説明されています。(参考:朝日新聞「ガセリ、LG21…菌いろいろ 機能性ヨーグルト拡大中」

推測ですが、おそらく国が定義した「機能性食品」や「特定保健用食品(トクホ) 」という言葉からこれまでのヨーグルトと差別化して作られた宣伝用、マーケティング用のキーワードだろうと思います。

私の記憶の中で最も早く販売された「機能性ヨーグルト」らしきものというのは、タカナシ乳業の「おなかへGG!(1996年発売)」です。たしか、近所の「ナチュラルハウス」で見かけておなかに良さそうという理由だけで食べていたのを覚えています。

タカナシ楽天市場店:
タカナシ「ヨーグルト おなかへGG!」100g_18個
含まれているLGG乳酸菌は、胃酸などで死なずに腸まで届き、また、腸まで届く乳酸菌の中で比べても長期間腸の中でとどまることができ、より効果的に腸内環境を改善できるそうです。

その後は、明治乳業から出た「LG21」(2000年発売)を胃が痛いときに食べていました。ちなみに明治乳業では、機能性ヨーグルトを「プロビオヨーグルトシリーズ」として枠を設けて差別化しているようです。

最近、ヨーグルトを紹介しているいろいろなWeb サイトがありますが(当サイトもそうですが、、、)、「明治ブルガリアヨーグルト」も「機能性ヨーグルト」 と紹介しているところがあって「それってどうなの?」と思うことも多くなってきました。「機能性ヨーグルト」の乱用状態ですね。

で、上記のことから「機能性ヨーグルト」とは以下のようなものと考えます。

機能性ヨーグルトとは
  • 「機能性ヨーグルト」に定義は無い。
  • 各メーカー独自に発見、開発した乳酸菌などを含むヨーグルトの総称。
  • メーカーによっては、通常のヨーグルトと区分けするために「~シリーズ」などと枠付けしている。
  • 効果は製品それぞれ、人それぞれ(多分)。

「機能性~」の乱用はいかがなものかと思いますが、さまざまな製品で楽しめるようになったのは良いことのように思います。
いろいろ試してみて自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか。

「機能性食品」「特定保健用食品(トクホ) 」とは

文部省(現:文部科学省)は、1984年から「食品機能の系統的解析」「食品の生体調節機能の解析」「機能性食品の解析と分子設計図」などの研究を開始し、後に栄養源の働き、味を楽しむ働き以外の第三の機能「体調を整え、生活習慣病を予防、疾病のリスク低減に寄与する機能」がある食品を「機能性食品(Functional Food)」と定義しました。
そのことを踏まえて厚生省(現:厚生労働省)が1991年に安全性と健康上の効果を認めた食品「特定保健用食品(トクホ)」を制度化しました。

ヨーグルトいろいろ

手作りヨーグルト 【フジッコ カスピ海ヨーグルト】

カスピ海ヨーグルトの特徴はとろっとしたねばりのある口当たり。ねばりの要因である「クレモリス菌FC株」は生きて腸まで届き食物繊維と似た働きをするなど腸の中で有用な働きをします。

価格(税抜き)= 926円(定期コース選択時 880円)/ 送料無料

カスピ海ヨーグルト手作り用種菌

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ