便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME乳酸菌「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」

「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」

善玉菌と悪玉菌と日和見菌

人の大腸の中には約1000種以上もの腸内細菌がいて、その中に人にとって有益な働きをする細菌と有害な働きをする細菌がいます。

食品中の糖類を分解し乳酸や酢酸をなどを生成し人に有益な働きをする細菌を「善玉菌」といい、タンパク質やアミノ酸などを分解して硫化水素やアンモニアなどを生成し人に有害な働きをする細菌を「悪玉菌」といいます。
また、そのどちらでもなく、普段は何もせずに善玉菌、悪玉菌のどちらか優勢なほうになびく細菌もいてそれらを「日和見菌」といいます。

腸内環境での各菌の割合は「善玉菌=約10%、悪玉菌=約20%、日和見菌=約70%」になっています。

善玉菌

腸の働きを助けて人体に有用な働きをする細菌の総称です。
乳糖やブドウ糖を栄養として増殖し、乳酸発酵を行って乳酸や酢酸を生成します。

  • ビフィズス菌
  • 腸球菌
  • 乳酸桿菌

ほか

悪玉菌

病原性を持っていたり、腸内で毒素を生成したりするなどして人体に有害な働きをする細菌の総称です。
ウェルシュ菌は、タンパク質などを原料に発がん物質や有害物質を生成し、悪臭を生成します。

  • ウェルシュ菌
  • ブドウ球菌
  • 大腸菌(有毒株)
  • 緑膿菌

ほか

腐敗菌

少数ですが悪玉菌の中には常に有害物質を生成し続ける細菌がいて、それらのことを総称して「腐敗菌」と呼んでいます。体調が悪化したり、免疫力が低下すると、腐敗菌は異常に増殖して病原性を発揮します。

日和見菌

「善玉菌」や「悪玉菌」に分類できない中間の細菌です。三つの分類の中で最も量が多く、腸内で多数派を占めています。通常は何もしませんが、腸内環境のバランスが崩れたり、体調の悪化や免疫力が低下したりして腸内で悪玉菌が優勢になると悪玉菌へとなびいていき一緒になって有害な働きをするようになります

  • バクテロイデス
  • ユウバクテリウム
  • 嫌気性レンサ球菌

ほか

簡単に善悪は分けれらない

bacilluscoli01

大腸菌

前述したように腸内細菌には「善玉菌」と「悪玉菌」がいるとしましたが、実際には腸内細菌を「善玉」「悪玉」と単純に区別することはできません。

たとえば「悪玉菌」に挙げられる「大腸菌」は、ビタミンを生成してチフス菌などの病原菌が侵入してきたときには腸内でそれらが定着、増殖しないように防いでくれます。もう一方で人体に重大な健康被害を与える腸管出血性大腸菌(O-157)もいます。
大腸菌には「善玉」の側面もあれば「悪玉」の側面もあります。
腸内環境の仕組みや腸内細菌の働きを伝えるうえで、大腸菌による影響を大まかに区別すると悪影響を与える側面が大きいということで便宜上、「大腸菌=悪玉菌」と分類されています。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ