便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME腸内環境腸内環境を整えて免疫力を強くする

腸内環境を整えて免疫力を強くする

「免疫」とは体の抵抗力のことで体内に侵入したウィルスや病原菌による病気の発症を予防し、感染症やがん細胞などの働きを抑制することです。
免疫力が落ちてくるとウィルスや病原菌に負けてしまい、さまざまな病気が発症していしまいます。
腸は免疫力の増強、低下を左右する重要な部位のひとつです。その仕組みについてまとめました。

bowel02

「免疫」のしくみ

体にある免疫のシステムは身を守るためにいろいろな工夫を凝らしています。外からの進入に備えていくつもの防御体制を整えています。
免疫は大きく「自然免疫」「獲得免疫」の二種類に分けられます。

自然免疫

自然免疫は病原体やウィルスなど侵入してくる外敵に対して自己防衛するために備わった防衛の仕組みです。具体的には、それら外敵を「食べて殺す」というのが主な方法です。
外敵を食べて防衛してくれる細胞には、マクロファージやナチュラルキラー細胞などがあります。

獲得免疫

侵入してくる外敵の中には上記の自然免疫では防御しきれない病原体やウィルスがあります。獲得免疫は、このような場合に機能します。
獲得免疫には「液性免疫」と「細胞性免疫」という2種類の働きがあり、侵入してくる外敵が細菌の場合は液性免疫が、ウィルスの場合は細胞性免疫が対応し、処理を行います。

このようにヒトの免疫システムは外敵に合わせて、いくつもの防御機能を備え身を守ろうとしています。

「免疫」のバランスを崩さないことも重要

免疫は、体に進入したウィルスや病原体などの異物、外敵から身を守り、病気の発症を抑制 する働きのことを言うわけですが、一方で免疫が暴走してしまうと過剰な反応を引き起こしてしまいアレルギーとなって体に異常を発生させてしまいます。最近 では、花粉症やアトピー性皮膚炎などさまざまな症状のアレルギーに悩んでいる方が増えてきました。
免疫は正常なバランスを保つようにしなければなりません。

「免疫」における腸の役割は重大で重要

ヒトは食べ物を食べ、栄養を取って生命を維持します。腸で栄養分を吸収するわけですが、腸管に炎症などが起きているとウィルスや病原菌が腸管から血管内に侵入し体内を巡ってしまいます。
そうならないようにするために腸には多くの免疫細胞が集まっており、それら外敵の侵入を防ぐようになっています。ウィルスや病原菌、がん細胞などを破壊したり抑制する働きをするBリンパ球、Tリンパ球、NK細胞などの約7割が腸に存在するといわれています。

小腸には「絨毛」と呼ばれる小さな突起が密集していて、その下には「パイエル板」という器官があります。このパイエル板にはさまざまな免疫細胞が集まっており、侵入してきたウィルスや病原菌の特徴を認識し(抗原)、それらを攻撃するための抗体を産出する細胞を作り、腸管、目、鼻、口などの部位へ送り出します。それぞれの部位に届いた細胞は、届いたその場で抗体を作ります。抗体は、抗原と結びつき抗原の病原性をなくします。
このように腸は免疫に関わる重要な器官であり、侵されてはいけない器官でもあります。

腸が悪玉菌優勢では防御できない

免疫機構の重要な器官である腸の中が悪玉菌優勢の状態にあると外敵から身を守るということ以前にもともと腸内にいる悪玉菌から毒素や発がん物質が産出され自らダメージを与えてしまうことになります。当然ながらダメージを受けた腸の免疫力は低下し、外敵からも防御しきれなくなってしまいます。そのような状態が積もり積もってしまうと最終的にがんに侵されてしまうかもしれません。
腸内環境を整えて、先ずは自ら持つ腸内細菌を善玉菌優勢にして自らを攻撃してしまうような状態から脱するようにしましょう。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ