便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME腸内環境便やおならの臭いは腸からのサイン

便やおならの臭いは腸からのサイン

もともと便は臭うものです。その臭いに大きなか関わりを持っているのが腸内にい腸内細菌です。便のにおいと悪玉菌についてまとめました。

stomach01

便の臭いは腸内環境からのサイン

腸内フローラの中にいる腸内細菌は「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の三種に分けられます。
主な善玉菌には「ビフィズス菌」や「乳酸桿菌」などがあります。悪玉菌には「クロストリジウム(ウェルシュ菌など)」などがあります。日和見菌には「バクテロイデス」「嫌気性レンサ球菌」があります。
それぞれの割合が善玉菌=10%、悪玉菌=20%、日和見菌=70%だと腸内環境のバランスが取れているとされています。

  腸内での割合 主な菌 菌の働き
善玉菌 約10% ビフィズス菌、乳酸菌など 腸内で有用な働きをする菌。乳糖やブドウ糖を栄養として増殖し、乳酸発酵を行って乳酸や酢酸を生成する。
悪玉菌 約20% クロストリジウム(ウェルシュ菌など)、大腸菌(有毒株)など 腸内で腐敗の働きをする菌。ウェルシュ菌は、タンパク質などを原料に発がん物質や有害物質を生成し、悪臭を作り出す
日和見菌 約70% バクテロイデス、嫌気性レンサ球菌など 腸内環境が整っていれば悪さはしないが、悪玉菌が優勢な状態になっていると悪い働きをする。

便の臭いがきついなと思われた方は、腸内環境が乱れて悪玉菌優勢の可能性があります。生活環境や食事内容を見直して腸内環境を善玉菌優勢にして腸の健康を改善するようにしましょう。そうすれば、便の臭いも穏やかになります。

オナラの臭いも注意しましょう

オナラの成分は、窒素ガス90%、炭酸ガス5%、残る5%が水素またはメタンガスであり、基本的にこれらは不活性ガス(無臭のガス)です。
人の体は、毎日0.4~1.2Lのオナラを排出しています。ほとんどは排便時に体外に排出されます。ですので便秘で排便する機会が少ないとオナラを排出する機会も減少していしまいます。
便秘などによって排出されなかったオナラは、ゲップや皮膚からガスとして外へ排出されたり、血液の中に取り込まれ、再び体内をめぐることになります。
便秘になる主な原因は腸内環境の悪化です。腸内環境の悪化は腸内の善玉菌、悪玉菌のバランスが悪くなっていることです。前段の便の臭いで記しているように善玉菌が生成する悪臭をともなう有害物質も一緒に体の中をめぐることになってしまいます。
くさいオナラの原因も腸内環境が乱れて悪玉菌が引き起こしており、元は便のにおいと同じです。便やオナラの臭いがきついなと感じたら腸内環境を整え善玉菌優勢の状態にして穏やかな臭いの便やオナラにするようにしましょう。

 

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ