便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME便秘の原因と解消法妊婦の便秘 原因と解消方法

妊婦の便秘 原因と解消方法

女性は妊娠すると体に変化が生じてきます。便秘や下痢などの症状もそのひとつです。
原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化や体が重くなって正しい姿勢を維持できなくり腸の働きを阻害されるためです。
「妊婦の便秘」の原因と解消方法についてまとめました。

ninpu-benpi01

便秘の原因

  • 妊娠によるホルモンバランスの変化
  • 子宮が膨らむことによる腸などへの圧迫
  • 子宮が重くなることによる姿勢の崩れ
  • 運動不足
  • 体の変化、生活リズムの変化などによるストレス

解消方法

まずは医師に相談を

まずは掛かりつけの医師に相談してください。薬が必要と判断されれば処方してくれるでしょうし、また、なにより母体の状況を把握してもらっておいたほうが、出産の際にも安全だからです
まずは掛かりつけの医師に症状を説明、相談し、どのような食べ物を食べればよいか、運動をすればよいかなどアドバイスを聞いてください。

できる範囲で便秘に効く食べ物を摂取する

医師に相談した上で、便秘に効く以下のものが多く含む食べ物を摂取してください。
各項目のリンク先には具体的な食べ物などを記載していますのでご覧ください。

注意点としては、下痢を伴うような場合は、不溶性の食物繊維やオリーブオイルの摂取は腸への刺激が比較的強いため控えたほうが良いでしょう

姿勢の改善、適度な運動

ninpu-benpi02ストレッチやヨガなど子宮に負担をかけない程度の軽い運動をして姿勢の改善、腸などの内蔵の柔軟性を保つようにしましょう。
下記のWebサイトでは、妊婦に良い姿勢の矯正方法やストレッチ方法などを紹介されています。

明治乳業 プレママクラブ 「妊婦体操」

水分補給

ninpu-benpi03水分が不足すると便が硬くなり、ますます排便が難しくなります。また、妊娠中は基礎体温が高くなり、水分の消費量が大きくなるため、妊娠していないとき以上に水分補給を注意しなければなりません。
朝起き掛けにコップ一杯の水(冷たい必要はありません)を飲んで腸にしげきを与え、日中はちびちびでもよいので水分を口に運ぶようにしましょう。
通常の成人でも1日2Lの水分摂取(飲食分すべて含め)が必要とされますので、せめてそれ以上の水分は摂取するようにしましょう。

自己判断で便秘薬を飲むのは避ける

ninpu-benpi04薬などを飲む場合は、自己判断を避けて先ずは医師に相談してください。
便秘薬のなかには妊婦が飲んで良いもの、悪いものがあります。
例え製薬会社や販売会社が「妊娠中でも飲める」と謳っていても、妊婦や赤ちゃんの状態はそれぞれです。
もし、飲みたい便秘薬があるのであれば、その薬を飲んでも問題ないか医師に相談してください

サプリメントはどうなの?

上記、便秘薬同様にサプリメントについてもなるべく自己判断でのの摂取は控えたほうが良いでしょう。
医薬品ではないためそれほど体に負担のかかる作用は無いと思いますが、もし、摂取したいものがあれば、それを医師に見せて相談してみてください。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ