便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME便秘の原因と解消法便秘に効く運動

便秘に効く運動

便秘になる理由のひとつとして腸の動きが鈍いということがあります。なぜ、腸の動きが鈍くなるかといえばストレスや、運動不足が原因なのですが、仕事が忙しくて運動している時間がない、運動しないからストレスを発散できない、結果として腸の動きが鈍くなり便秘になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。 まずは、気軽にできる運動、マッサージからはじめてその悪循環から抜け出せるようにしましょう。

便秘解消に効く運動

運動すると腸の動きも活発になり、腸のぜん動運動が促されます。
また、身体の代謝が良くなってストレスによって乱れた自律神経のバランスを整える効果もあり心身ともに良い影響を与えます。

ウォーキング

年齢や性別に関係なく誰でも気軽に行え、腸にも程よい刺激を与えるのがウォーキングです。 ウォーキングが良いのは、腸に近い足から刺激を受けられることと、意識して少し身体をねじるように歩けると腸に直接刺激が与えることもできます。
ウォーキングをする時間の目安としては、なるべく1日30分程度、汗がにじむ程度の速さで歩くようにしましょう。汗がにじむほど歩くことができれば血行もよくなり新陳代謝も良くなります。またウォーキング中は風景など楽しみながらリラックスして歩くようにしましょう。
ストレスが発散されてより腸への良い影響をもたらします。
あまり意気込んでハードに運動しすぎるとストレスになってしまいます。
疲れているときはゆっくりと歩いたり、途中で休憩を入れるなどして無理せず長く続けられるようにしましょう。
ハードに歩いても、ゆっくり散歩程度に歩いても腸には良い影響を与えます。
通勤途中など少し遠回りして歩いてみてはいかがでしょうか。

腹筋運動

排便時には、腹筋に力を入れていきむことで腹圧を挙げます。腹圧があがることによって腸は刺激を受けて排便を行います。
腹筋は、排便時にかかせない重要な筋肉ですが、加齢や運動不足などによって衰えてしまいます。
また、女性は男性よりも筋肉量が少なく筋力が弱いためもともと便秘になりやすい体質とも言えます。日ごろから腹筋を鍛え、腸への刺激が弱くならないようにしましょう。

ストレッチ

ストレッチは、身体全体をリラックスさせることでき、腸をやわらかくして便を出しやすくするようにします。
なるべく、肩、腰、股関節、ふくらはぎなどをストレッチして各関節をほぐしましょう。また、身体全体をねじるようにするなどすると便秘には効果的です。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ