便秘解消・下痢改善情報サイト – おなかキュア便秘解消・下痢改善情報サイト - おなかキュア
MENU
HOME便秘の原因と解消法便秘に効く食べ方

便秘に効く食べ方

何を食べるかというのは重要なことですが、同様にどのように食べているかも大変重要です。いくら食物繊維が豊富なものを食べているといっても寝る直前に食べるのは、体にとってよくありませんし、毎日、ばらばらの時間に食べることもあまりよくありません。
食事の摂取内容と同様に食事の摂取方法についても注意するようにしましょう。

1日3食きちんと食べる

通常、人の生活は朝起きて1日が始まり、昼に活動し、夜になって眠ります。1日3食定期的に食事を摂ることで規則的に腸が働くようになり、便が腸に停滞することを防ぐことができます。

朝食

特に朝食は、1日の始まりです。就寝で心身ともに長時間休んだあとでしかも何も入れてこなかった腸への最初の刺激となります。便秘解消のための大きなチャンスです。朝忙しくしているところにしっかり食べるのは難しい場合もありますが、なるべく朝食をとるようにしましょう。
時間がないときや食欲がないようなときは、フルーツとヨーグルトだけでも口に入れましょう。

昼食

最も消化力が高いと言われる時間帯です。栄養、食物繊維ともにしっかりと摂るようにしましょう。会社にお勤めの場合は、外食やコンビニになる場合が多いと思いますが、なるべく食材に注意して選んで食べるようにしましょう。

夕食

夕方以降は、腸の動きが鈍くなっていく時間です。腸への負担を軽くするため夕食は3度の食事の中でもっとも軽くするようにしましょう。

なるべく毎日同じ時間に食事を摂る

便秘解消の重要なポイントのひとつに「規則正しい生活」ということがあります。なるべく同じ時間に食事を摂ることで規則的に腸が働くようになり、便秘になりにくくなります。

寝る2、3時間前までに食べ終える

夜になると交感神経に変わって副交感神経の働きが高まります。また、胃液の分泌が活発になる一方で、腸のぜん動運動は弱くなります。
また、睡眠中は、モチリン(胃や腸の運動を司る消化管ホルモン)が周期的に放出され、腸内の内容物を肛門の方へと送り出します。このモチリンは、胃腸が空でないと十分に働きません。
以上のことからなるべく就寝の2,3時間前には食事を終えて寝る準備をしましょう。

[Ad]乳酸菌をギュッと凝縮【善玉菌のチカラ】

« 乳酸菌を飲みやすいカプセルにしました!»

「カスピ海ヨーグルト」に入っている乳酸菌「クレモリス菌FC株」は、
強力な「ねばり成分」があり、生きて腸まで届く力強い乳酸菌です。

その「クレモリス菌FC株」を1粒のカプセルに20億個以上凝縮して
詰め込まれています。
低カロリーでカルシウムや食物繊維も含まれており
腸内環境だけではなく体全体の環境づくりをサポートします。

ページの先頭へ